« 第280回 適用除外の主なもの | トップページ | 第282回 強制加入被保険者 »

2014年5月13日 (火)

第281回 届出(1)事業主の届出

第281回は、厚生年金保険法より「届出(1)事業主の届出」です。

2013年版は好評発売中です!
また、右サイドバーから読者特典の過去問集(200ページ以上相当分)
をプレゼント!本書を買ってダウンロードしてみてください!

---

社労士暗記研究会からのお知らせ①

2013年版秘伝!社労士試験ゴロ合わせ合格術
2013年4月5より好評発売中です。

昨年までの2巻構成の『秘伝!社労士試験暗記術シリーズ』は
今年より1巻に濃縮され生まれ変わりました

今年のコンセプトは、過去問を徹底的に分析し、
過去10年間の試験で3回以上出題されている箇所のみを
ゴロ合わせ
にしました。

また、長すぎて使えない、短すぎて大事な箇所がない、
といったゴロ合わせも徹底的に見直して、
よりよいものにブラッシュアップしています。

お値段は2巻→1巻となったことにより、リーズナブルになりました

さらに過去問については、本書を購入いただいた読者の方限定で
右サイドバーより無料でPDFをプレゼントしています

(ダウンロード方法は本書をご確認ください)。

社労士試験の暗記地獄を乗り切るための、
必読の1冊となっております。
ぜひ、書店さん、インターネット書店さんでお買い求めください!

社労士暗記研究会からのお知らせ②

次回の公開収録は6月22日(日)の9時30分から、東京の渋谷で行います。

応募方法はsharoushi.*nki@gmail.comの*部分をaに変えたメールアドレスまで
以下を記載しご応募下さい。

① 氏名(漢字と読み仮名)、ペンネーム(あればで結構です)
② 秘伝!社労士暗記術の感想(好きなゴロ合わせやご要望など)

こちらから、折り返し連絡させて頂きます。
皆様のご応募お待ちしております!!!

また、庵谷、安田による著書
『超快速勉強法』は好評発売中!
amazonではコツコツできない人でも短期間でスイスイ受かる! 超快速勉強法
より発売中です。 増刷や新聞広告に何度も掲載されました。
ぜひ、あわせてお買い求めください!

---

「sharou281.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

届出(1)事業主の届出

「工事で5強を死守で生小を銭湯で。首相名変更で銃口を向け、
墨を陽子以外にゲヘっとメイク

生年金保険法

業主が行う届出

55日以内に行う届出。以下の届出

制適用事業所となったとき

死守=当然被保険者の格を得・喪失したとき

70歳以上の使用される者の要件に該当したとき、該当しなくなったとき、70歳以上の使用される者に賞与を支払ったとき

=被保険者に与を支払ったとき


銭湯
=以上の届出は、員・舶関係の場合10日以内

首相名変更=被保険者の別、事業所の在地、称の変更があったとき(船舶は速やかにあるいは不定)

10日以内に行う届出。以下の届出

齢任意加入被保険者にかかる同意の届出・同意撤回の届出


やかに行う届出。以下の届出

陽子以外に=第4種被保険者・齢任意加入被保険者(法附則4条の3)以外の被保険者の氏名、住所変更の申出を受けたとき

ゲヘ=被保険者または、70歳以上の使用される者の報酬額に更があったとき(随時改定・育児休業等終了時改定)

メイク=保険料を除されている児休業等の期間中の者が休業等終了予定日を変更したとき、育児休業等を終了したとき

---

ゴロ合わせとゴロ合わせの詳細、②の「被保険者の届出」、それぞれのまとめの表、そしてポイントの整理については2013年版秘伝!社労士試験ゴロ合わせ合格術306~307ぺージをご覧ください。

---
今回の担当はこにたんでした!
では、また次回お会いしましょう♪

|

« 第280回 適用除外の主なもの | トップページ | 第282回 強制加入被保険者 »

コメント

いつも楽しく拝聴しております。
さて、労災保険法第三者行為さいがいで求償が災害発生後7年とありますが、3年のままではないでしょうか。控除が7年となったのではないですか。私の不見識、不勉強による間違った指摘なら、ご容赦ください。

投稿: きよっさん | 2014年5月19日 (月) 09時39分

>きよっさん様
法改正特別編の記事についてですね。きよっさん様のおっしゃるとおり、求償はそのまま3年、控除が7年です。
表記の方法が誤解を生じさせるような内容だったため、削除いたしました。ご指摘を頂きありがとうございます!

投稿: 社労士暗記研究会 | 2014年5月24日 (土) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第280回 適用除外の主なもの | トップページ | 第282回 強制加入被保険者 »