« 第188回 任意加入被保険者と特例による任意加入被保険者 | トップページ | 第190回 休憩と休日 (2)一斉付与が適用されない事業 »

2012年7月24日 (火)

第189回 国民健康保険法 (2)国・都道府県の責務と運営

第189回は、社会保険に関する一般常識より「国民健康保険法 (2)国・都道府県の責務と運営」です。

社労士試験合格のための勉強の決定版、
秘伝!社労士試験暗記術(第1巻(労働編)2012年版)
秘伝!社労士試験暗記術(第2巻(社会保険編)2012年版)
は好評発売中です!

新しいゴロ合わせが盛りだくさん!
ぜひ、第1巻、第2巻、お買い求めください!

---

社労士暗記研究会からのお知らせ①

秘伝!社労士試験暗記術(第1巻(労働編)2012年版)
秘伝!社労士試験暗記術(第2巻(社会保険編)2012年版)

2012年3月8日より発売中です。

2010年から毎年改訂されている、
社労士試験合格のための勉強の決定版!

同友館さんのトップページにも掲載いただいています!


今年の売りは3つです。

① 小型化!
サイズが小さくなりました。A5判に小型化されました。

② 重要度を再度徹底検証!

平成15年から直近の平成23年試験を調査し、徹底的に重要度にこだわりました。よりよく出ているものを追加し、ゴロ合わせも大幅に増えています。また、ゴロ合わせ自体も見直しされています。

③ 公開収録!
第1巻、2巻を購入頂いた方には、抽選で公開収録にご参加頂けます。
次回は8月18日(土)に東京の渋谷で行います。

応募方法はsharoushi.*nki@gmail.comの*部分をaに変えたメールアドレスまで
以下を記載しご応募下さい。

① 氏名(漢字と読み仮名)、ペンネーム(あればで結構です)
② 秘伝!社労士暗記術の感想(好きなゴロ合わせやご要望など)

こちらから、折り返し連絡させて頂きます。
皆様のご応募お待ちしております!!!

また、庵谷、安田による著書
『超快速勉強法』は好評発売中!
amazonではコツコツできない人でも短期間でスイスイ受かる! 超快速勉強法
より発売中です。 増刷や新聞広告に何度も掲載されました。
ぜひ、あわせてお買い求めください!

社労士暗記研究会からのお知らせ

超快速勉強法実践サロンができました。
勉強法も本を読んだだけでは身につきません。
音声番組やメール、電話などでKEN46が「実践」をサポートします。
無料で登録できるので、右サイドバーよりご登録ください!

また、メルマガも好評配信中です!
『超快速勉強法』など、資格試験などの勉強に役立つ最新情報を配信します。こちらは、右サイドバーのKEN46ニュース配信登録にメールアドレスをご登録ください。

facebookページができました!
こちらでも情報を随時アップデートしていくので、ぜひ下の「いいね!」ボタンを押してください!

---

「sharou189.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

今回は放送上で、平成16年の択一式が流れます。
公式参考書を用意して実際に解いてみましょう。
こちらの過去問は、2012年版に掲載されています。


=====================================

国民健康保険法 (2)国・都道府県の責務と運営

「高血圧のトシ。始終幸運の今日。ゴクミに『残り2貫食うかい?』」

高血圧=:国民健康保険事業の運営が全に行われるようにめなければならない
トシ道府県:国民健康保険事業の運営が健全に行われるように、必要な導をしなければならない
始終幸運今日町村および特別区:国民健康保険事業の運営に関する要事項を審議するための民健康保険議会を置く
ゴクミに「のこり2貫食うかい?」=民健康保険合:5人以上の事と2人以上の事と、規約の変更・決算等の重要な事項を議決するためにを置く

ゴロ合わせとゴロ合わせの詳細、は、秘伝!社労士試験暗記術(第2巻(社会保険編)2012年版)253~254ページをご覧ください。


今回の担当は46でした!
では、また次回お会いしましょう♪

|

« 第188回 任意加入被保険者と特例による任意加入被保険者 | トップページ | 第190回 休憩と休日 (2)一斉付与が適用されない事業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第188回 任意加入被保険者と特例による任意加入被保険者 | トップページ | 第190回 休憩と休日 (2)一斉付与が適用されない事業 »