« 第164回 安全衛生教育(2)特別教育 | トップページ | 第166回 保険料の免除 »

2012年2月 7日 (火)

第165回 労災保険の特別加入保険料率

第165回は、労働保険料徴収法から 「労災保険の特別加入保険料率」です。

---

社会保険労務士暗記研究会からのお知らせ①

秘伝!社労士試験暗記術(第1巻(労働編)2012年版)
秘伝!社労士試験暗記術(第2巻(社会保険編)2012年版) 
2012年2月下旬発売予定です。

2010年から毎年改訂されている、
社労士試験合格のための勉強の決定版!

2月21日よりイベントを行う予定です。
詳細が決まりましたら、当ブログでお知らせします!


社会保険労務士暗記研究会からのお知らせ②

第1巻、2巻を購入頂いた方には、抽選で公開収録にご参加頂けます。
次回は3月10日(土)の9時から東京の渋谷で行います。

今年の売りは3つです。

① 小型化!
サイズが小さくなりました。A5判に小型化されました。

② 重要度を再度徹底検証!

平成15年から直近の平成23年試験を調査し、徹底的に重要度にこだわりました。よりよく出ているものを追加し、ゴロ合わせも大幅に増えています。また、ゴロ合わせ自体も見直しされています。

③ 公開収録!
上下巻を購入された方は公開収録に参加できます。
15万人以上登録している人がいますので、影響力抜群ですし、モチベーションアップに良いですよ♪

応募方法はsharoushi.*nki@gmail.comの*部分をaに変えたメールアドレスまで
以下を記載しご応募下さい。

① 氏名(漢字と読み仮名)、ペンネーム(あればで結構です)
② 秘伝!社労士暗記術の感想(好きなゴロ合わせやご要望など)

こちらから、折り返し連絡させて頂きます。
皆様のご応募お待ちしております!!!

また、庵谷、安田による著書
『超快速勉強法』は好評発売中!
amazonではコツコツできない人でも短期間でスイスイ受かる! 超快速勉強法
より発売中です。 増刷や新聞広告に何度も掲載されました。
ぜひ、あわせてお買い求めください!

社労士暗記研究会からのお知らせ③

社労士受験生向けの雑誌『社労士V』の3月号
に著者の庵谷の記事が掲載されています。

「勉強の遅れを取り戻すには」という記事を執筆しています。

今からでも間に合う勉強方法を執筆しています。
結構使える勉強法なので、ぜひ読んでみてください!

社労士暗記研究会からのお知らせ

超快速勉強法実践サロンができました。
勉強法も本を読んだだけでは身につきません。
音声番組やメール、電話などでKEN46が「実践」をサポートします。
無料で登録できるので、右サイドバーよりご登録ください!

また、メルマガも好評配信中です!
『超快速勉強法』など、資格試験などの勉強に役立つ最新情報を配信します。こちらは、右サイドバーのKEN46ニュース配信登録にメールアドレスをご登録ください。

facebookページができました!
こちらでも情報を随時アップデートしていくので、ぜひ下の「いいね!」ボタンを押してください!

---

「sharou165.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

今回は放送上で、平成15年の択一式が流れます。
公式参考書を用意して実際に解いてみましょう。
こちらの過去問は、2011年版に掲載されています。


=====================================

労災保険の特別加入保険料率

「一同、妊娠を公認。三枝に披露」

一同=第1種特別加入保険料率:労災保険率と

妊娠公認=第2種特別加入保険料率:事業や作業の種類に応じて4/1000から52/1000

三枝=第3種特別加入保険料率:事業の種類にかかわらず、4/1000

披露業務災害率:事業の種類にかかわらず、0.6/1000

ゴロ合わせをまとめたわかりやすい表とイメージ、関連用語については、秘伝!社労士試験暗記術<2011年版 第1巻(労働編)>199〜200ページをご覧ください。

---
今回はせーちゃんに再びお話いただきました。
今お聞きの皆様も、ぜひ収録現場へ遊びに来てくださいね!

それではまたお会いしましょう!
さやさやでした!

|

« 第164回 安全衛生教育(2)特別教育 | トップページ | 第166回 保険料の免除 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第164回 安全衛生教育(2)特別教育 | トップページ | 第166回 保険料の免除 »