« あけましておめでとうございます! | トップページ | 第162回 支給制限と費用徴収(1)支給制限 »

2012年1月10日 (火)

第161回 労働契約(4)有期労働契約の雇止めに関する基準 

第161回は労働基準法から 「労働契約(4)有期労働契約の雇止めに関する基準」です。

---

社労士暗記研究会からのお知らせ①

すでに何度も増刷されており、10月に六本木・アカデミーヒルズで講演され
大盛況だった書籍『超快速勉強法』についての講演のアンコール講演&合格祝賀会・決起会を行います。

日程は1月21日(土)の14:45から東京の渋谷で行います。

(2012.01.21)
受付終了しました。お申し込みありがとうございました。

社労士暗記研究会からのお知らせ②

「秘伝!社労士暗記術」は配信元の都合により再登録をして頂かないと、
9月末で配信がストップしています。

以下のバナーより再登録をお願いします。

秘伝!社労士暗記術


社労士暗記研究会からのお知らせ③


庵谷、安田による著書『超快速勉強法』は発売になったばかりです。
amazonではコツコツできない人でも短期間でスイスイ受かる! 超快速勉強法より発売中です。

amazonでは総合54位にランクインし、産経新聞、日経新聞にも広告を
掲載していただきました。また、増刷もされています。
これも皆様の応援のおかげです!ありがとうございました!

facebookページができました!
こちらでも情報を随時アップデートしていくので、ぜひ下の「いいね!」ボタンを押してください!

この勉強法は本来の勉強時間を約半分、勉強期間を3分の1から4分の1に短縮して合格を目指すようなイメージの勉強法です。書籍を読んで、超快速勉強法を実践しましょう!

また、『超快速勉強法』など、資格試験などの勉強に役立つ最新情報を配信します。こちらは、右サイドバーのKEN46ニュース配信登録にメールアドレスをご登録ください。

社会保険労務士暗記研究会からのお知らせ④

秘伝!社労士試験暗記術<2011年版 第1巻(労働編)>
秘伝!社労士試験暗記術<2011年版 第2巻(社会保険編)>

2011年3月1日より好評発売中です。

上下巻購入された方は、公開収録にお越しいただけます。
第1巻、第2巻を購入頂いた方には、抽選で公開収録にご参加頂けます。
次回は2月4日(土)に11:00から東京の渋で行います。

受験指導校で学習されている方も、独学で学習されている方も、
約15万人登録している人がいますので、影響力抜群ですし、
モチベーションアップに良いですよ♪

応募方法はsharoushi.*nki@gmail.comの*部分をaに変えたメールアドレスまで
以下を記載しご応募下さい。

① 氏名(漢字と読み仮名)、ペンネーム(あればで結構です)
② 秘伝!社労士暗記術の感想(好きなゴロ合わせやご要望など)

こちらから、折り返し連絡させて頂きます。
皆様のご応募お待ちしております!!!

---

「sharou161.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

今回は放送上で、平成19年の択一式が流れます。
公式参考書を用意して実際に解いてみましょう。
こちらの過去問は、2011年版に掲載されています。

=====================================

労働契約(4)有期労働契約の雇止めに関する基準

「三高または1年継続30前に予告、理由はすぐに証交付」

三高または1年継続3回以上のまたは1年を超えて継続勤務している者
30前に予告=当該契約の期間の満了する30まで雇止めを予告しなければならない
理由すぐに証交付=労働者が更新しないこととする理由や更新しなかった理由について明書を請求したときは遅滞なくこれを交付しなければならない

労働契約(4)有期労働契約の雇止めに関する基準の概要

イメージ図、イメージ、用語解説、関連用語については、秘伝!社労士試験暗記術<2011年版 第1巻(労働編)>22~25ページをご覧ください。この部分に他に「(1)労働契約の効力」、「(2)労働契約の契約期間」、「(3)有期労働契約の締結、更新に関する基準」が掲載されています。

---
担当はとんちゃんでした!
今回はちくりんさんに参加していただき、楽しい収録になりました。

|

« あけましておめでとうございます! | トップページ | 第162回 支給制限と費用徴収(1)支給制限 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あけましておめでとうございます! | トップページ | 第162回 支給制限と費用徴収(1)支給制限 »