« 第139回 高額療養費算定基準額(4) | トップページ | 第141回 厚生年金基金 »

2011年8月 2日 (火)

第140回 20歳前傷病による障害基礎年金の支給停止

第140回は、国民年金法から 「20歳前傷病による障害基礎年金の支給停止」です。
もちろん2011年版に掲載されています。

今回は、平成18年の択一式が流れます。
放送を聞いて問題を解けるようになりましょう!

---

社会保険労務士暗記研究会からのお知らせ①

庵谷、安田による著書『超快速勉強法』8月23日から都心の書店から順次発売となります。詳細はブログに随時upしていきます。

この勉強法は本来の勉強時間を約半分、勉強期間を3分の1から4分の1に短縮して合格を目指すようなイメージの勉強法です。

書籍は、以下の特徴があります。

・音声番組「超音速勉強法-資格の歩き方-」の初の書籍化で、
まだ番組で触れていない勉強法が盛りだくさん

・2人が経験した成功した勉強法や失敗した勉強を惜しみなく発表

今すぐに実行できる勉強法の集大成

となっています。

短期合格を狙う人はもちろん、超音速勉強法はこんな人に向いています

□ 3日坊主の人
□ 1つのことに打ち込んだ経験がある人
□ これまで一夜漬けで乗り切ってきた人
□ 最近、人生がイケていない人
□ 実は「やればできる」と思っている人
□ 理由をつけてがんばれなかった人
□ 思いっきり遊べる人
□ 忍耐力がない人
□ 現状に危機感を感じている人
□ コツコツ勉強をやってきたけれど結果が出ていない人

このうち1つでもチェックがついた人に、まさにこの勉強法が向いています。
書籍を読んで、超音速勉強法を実践しましょう!

社会保険労務士暗記研究会からのお知らせ②

秘伝!社労士試験暗記術<2011年版 第1巻(労働編)>
秘伝!社労士試験暗記術<2011年版 第2巻(社会保険編)>

2011年3月1日より好評発売中です。

今年の売りは3つです。

① 小型化!
② 重要度を再度徹底検証!
③ 過去問の大幅増加!

また、上下巻購入された方は、公開収録にお越しいただけます。
第1巻、第2巻を購入頂いた方には、抽選で公開収録にご参加頂けます。
次回は9月下旬に11:00から東京の渋で行います。

受験指導校で学習されている方も、独学で学習されている方も、
10万人以上登録している人がいますので、影響力抜群ですし、
モチベーションアップに良いですよ♪

応募方法はsharoushi.*nki@gmail.comの*部分をaに変えたメールアドレスまで
以下を記載しご応募下さい。

① 氏名(漢字と読み仮名)、ペンネーム(あればで結構です)
② 秘伝!社労士暗記術の感想(好きなゴロ合わせやご要望など)

こちらから、折り返し連絡させて頂きます。
皆様のご応募お待ちしております!!!

---

「sharou140.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

今回は放送上で、平成18年の択一式が流れます。
公式参考書を用意して実際に解いてみましょう。
こちらの過去問は、2011年版に掲載されています。


=====================================

20歳前傷病による障害基礎年金の支給停止

「20歳前から年季が入った化粧、外で本性、鼻で裁判」

20歳前=20歳前傷病による障害基礎年金の支給停止の要件
年季が入った=
①恩給法に基づく年金たる給付労災法の規定による年金たる給付その他の年金給付で定めるものを受けることができる(=入る)とき
=②事施設、労役場その他これらに準ずる施設に拘禁されているとき
=③年院その他これに準ずる施設に収容されているとき
で=④日本国内に住所を有しないとき(国居住時)
本性
=⑤人の前年の得による支給停止
=⑤-1(原則):8月から翌年7月まで
裁判
=⑤-2(例外):害により住宅、家財または政令で定めるその他の財産の2分の1(分)以上の損害を受けたときは、損害を受けた月から翌年の7月までは支給停止されない。

20歳前傷病による障害基礎年金の概要

今回のゴロ合わせでは支給停止の5つの要件と、5つめの所得による支給停止の原則と例外を覚えました。

イメージ図、イメージ、用語解説については秘伝!社労士試験暗記術<2011年版 第2巻(社会保険編)>134~135ページをご覧ください。

---
それではまたお会いしましょう!
今回の担当は46でした!

皆様の応援が励みになります。応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

|

« 第139回 高額療養費算定基準額(4) | トップページ | 第141回 厚生年金基金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第139回 高額療養費算定基準額(4) | トップページ | 第141回 厚生年金基金 »