« 第132回 健康診断の主なものの特徴 | トップページ | 第133回 適用事業の保険関係消滅時における必要手続 »

2011年6月 8日 (水)

【不定期更新】 法改正特別編:本書の訂正・修正のお願い

今回は、「法改正特別編:本書の訂正・修正のお願い」です。

今回は音声ブログはありません。
当ブログの記事のみとなりますので、ご了承ください。

---

社会保険労務士暗記研究会からのお知らせ①

秘伝!社労士試験暗記術<2011年版 第1巻(労働編)>
秘伝!社労士試験暗記術<2011年版 第2巻(社会保険編)>

2011年3月1日より好評発売中です。

今年の売りは3つです。

① 小型化!
サイズが小さくなりましたよ。A5判に小型化されました。
2冊両方を持ち運んだとして、そんなに重くないですよ。

② 重要度を再度徹底検証!

平成15年から平成22年試験を調査し、徹底的に重要度にこだわりました。よりよく出ているものを追加し、ゴロ合わせも大幅に増えています。また、ゴロ合わせ自体も見直しされています。

③ 過去問の大幅増加!
平成15年から平成22年の8年分のよく出る問題をピックアップして掲載しています。

また、上下巻購入された方は、公開収録にお越しいただけます。


社会保険労務士暗記研究会からのお知らせ②

公開収録へのご招待!

上下巻を購入頂いた方には、抽選で公開収録にご参加頂けます。
次回は7月3日(日)の11:00から東京の渋で行います。

受験指導校で学習されている方も、独学で学習されている方も、
10万人以上登録している人がいますので、影響力抜群ですし、
モチベーションアップに良いですよ♪

応募方法はsharoushi.*nki@gmail.comの*部分をaに変えたメールアドレスまで
以下を記載しご応募下さい。

① 氏名(漢字と読み仮名)、ペンネーム(あればで結構です)
② 秘伝!社労士暗記術の感想(好きなゴロ合わせやご要望など)

こちらから、折り返し連絡させて頂きます。
皆様のご応募お待ちしております!!!

---

法改正特別編①:三六協定の労働時間延長(③ 中小企業の定義)/労働基準法

読者の方より、本書の誤植のご連絡を頂きました。
ご連絡頂いた方、この場をお借りしてお礼させて頂きます。


*ブログ記事*

upしていないため、変更はありません。

*書籍*

秘伝!社労士試験暗記術<2011年版 第1巻(労働編)>
の以下ページの修正願います。

(49ページ)

【用語解説】
図表の小売業の従業員数

(誤)50人以上
(正)50人以下


法改正特別編②:次世代育成支援対策法の行動計画/労務管理その他の労働に関する一般常識

平成23年4月より100人(以前は300人)を超える事業主は、
周知と公表が義務化され、100人以下の事業主は努力義務化されました。


*ブログ記事* 

第71回について、以下のように修正願います。

【ゴロ合わせ】

「次世代機計画100兆、羞恥心で好評」

【ゴロ合わせの解説】

次世代機=次世代育成支援対策推進法
計画=一般事業主行動計画
100兆=(常時雇用する労働者の数が)100 人をえる
羞恥心=(従業員への)周知
好評=(従業員への)公表

*書籍*

対応済みです。


法改正特別編③:高在老/厚生年金保険法

在職老齢年金の支給停止基準額の引き下げにより、以下のように変更となりました。
お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。


*ブログ記事* 

upしていないため、ありません。

*書籍*

秘伝!社労士試験暗記術<2011年版 第2巻(社会保険編)>
の以下ページの修正願います。


(78~79ページ)

【ゴロ合わせ】
(誤)「口座に47万円、双方基本はシナチク班」
(正)「口座に46万円、双方基本はヨロシク班」

【ゴロ合わせの解説】
(誤)
47万円47万円(支給停止調整額)
シナチク=(47・引く)=-47万円
(総報酬月額相当額+基本月額-47万円)×1/2


(正)
46万円46万円(支給停止調整額)
ヨロシク=(46・引く)=-46万円

(総報酬月額相当額+基本月額-46万円)×1/2


【暗記のポイント】

(誤1)口座には47万円しかありませんが
(正1)口座には46万円しかありませんが
(誤2)基本的
には夫婦が夜食で食べたラーメンに使うシナチク(メンマ)のメーカーの「シナチク班」
(正2)基本的には取引先の「ヨロシク班」

【用語解説】
「47」→「46」に修正(3箇所)をお願いします。


法改正特別編④:低在老/厚生年金保険法

在職老齢年金の支給停止基準額の引き下げにより、以下のように変更となりました。
お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

*ブログ記事* 

upしていないため、ありません。

*書籍*

秘伝!社労士試験暗記術<2011年版 第2巻(社会保険編)>
の以下ページの修正願います。

(80~81ページ)

【ゴロ合わせ】
(誤)「テイザイル28人、基礎なし庭抜き班、庭のみ早番、
庭なしは一休規範でシナチク、基礎ありは房子の総シナチク」

(正)「テイザイル28人、基礎なし庭抜き班、庭のみ早番、
庭なしは『イヤな規範にヨロシク』、基礎ありは『兄さん、そうしろ』」

【ゴロ合わせの解説】
(誤)
以下、28万円(支給停止調整開始額)と47万円(支給停止調整編高額)は「基準額」とする。

庭のみ=基本月額>28万円かつ総報酬月額相当額≦47万円(基本月額のみ基準額を超える

庭なし=基本月額≦28万円かつ総報酬月額相当額>47万円(総報酬月額相当額は基準額を超えるが、基本月額は基準額を超えない
一休規範=(47万円-28万円(19万円)+本月額)×2分の1(
シナチク=+総報酬月額相当額-47万円

房子(23.5)=47万円×2分の1(23.5万円)
総シナチク=+報酬月額相当額-47万円


(正)

以下、28万円(支給停止調整開始額)と46万円(支給停止調整編高額)は「基準額」とする。

庭のみ=基本月額>28万円かつ総報酬月額相当額≦46万円(基本月額のみ基準額を超える

庭なし=基本月額≦28万円かつ総報酬月額相当額>47万円(総報酬月額相当額は基準額を超えるが、基本月額は基準額を超えない
イヤ規範=(46万円-28万円(18万円)+本月額)×2分の1(
ヨロシク=+総報酬月額相当額-46万円

兄さん=46万円×2分の1(23万円)
そうしろ=+報酬月額相当額-46万円

【暗記のポイント】
(誤)さらには「ひとやすみ」にかけた「一休規範」という新しいルールを作って、庭以外で練習をするとの口実で、こっそりシナチク(メンマ)の美味しいラーメン屋さんに向かうメンバーも。一方、基礎ができているオリジナルメンバーは堂々と「房子(ふさこ)」という有名なラーメン屋に行き、シナチク(メンマ)がラーメンの上に乗り切らないぐらい載っている一流の美味しいラーメン屋さんに行っていました。
(正)さらには「実力不足の者には、練習場の庭を与えない」というルールに該当する班員は、「イヤな規範によろしく」と皮肉を言い去っていきました。また、これらのメンバーに嫌気がさした一番まともな、基礎ができているメンバーは「兄さん、そうしろ」と、ダンスレッスンの先生がこのメンバーをやめさせようとしているのを後押ししています。


【用語解説】
以下の表のように、修正をお願いします。

  基本月額≦28万円 基本月額>28万円
総報酬月額
相当額≦
46万円
基礎なし 庭のみ
(基本月額も総報酬月額相当額も基準額以下) (28万円の基準額のみ超える)
(総報酬月額相当額+基本月額-28万円)×1/2 総報酬月額相当額×1/2
庭抜き(-28万円)(×1/2) (総報酬月額相当額)(×1/2)
総報酬月額
相当額>
46万円
庭なし 基礎あり
(28万円の基準額のみ超えない) (基本月額も総報酬月額相当額も基準額を超える)
46万円-28万円+基本月額)×1/2-(総報酬月額相当額-46万円) 46万円×1/2+(総報酬月額相当額-46万円)
イヤ46-28=18(基本月額)(×1/2) 兄さん46万円×1/2=23万円)
ヨロシク(-46万円 そうしろ(総報酬月額相当額-46万円)

(241ページ)

【高在老と低在老(3)】
以下のように変更。
(3)設問の「基本月額が支給停止調整開始額以下であり、かつ総報酬月額相当額が支給停止調整変更額を超えるとき」との記述より、ゴロ合わせ②の「庭なしは『イヤな規範にヨロシク』」から次の計算式を使用することが分かります。「(46万円-28万円+基本月額)×2分の1+(総報酬月額相当額-46万円)」となり、設問の記述と同一であることから、正解となります。
【解答】○

法改正特別編⑤:障害厚生年金の年金額と加給年金額(② 障害厚生年金の加給年金額)/厚生年金保険法

平成23年4月1日前までは、障害厚生年金の受給権発生時に生計を維持している配偶者がある場合に加給年金額の加算を行うということでした。

そして、平成23年4月1日以後は、これに加え、受給権発生時に婚姻等により配偶者を有し、その配偶者との間で生計維持関係がある場合にも加給年金額の加算を行うこととされました。


これに伴い、以下のように変更となりました。
お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。


*ブログ記事*

upしていないため、変更はありません。

*書籍*

秘伝!社労士試験暗記術<2011年版 第2巻(社会保険編)>
の以下ページの修正願います。

(89ページ)

【用語解説】

(誤)受給権を取得したときに、その者によって生計を維持していた
(正)
受給権を取得したとき、または、受給権取得後に、その者によって生計を維持している

---
今回は特別編で法改正などによる最新情報をお伝えさせて頂きました。
訂正・変更箇所が多いので大変かと思いますが、なるべく早い時期に
知識の修正をして頂ければと思います。

法改正があるたびにこのブログでお伝えしていきますので、
逐一チェックしておいてくださいね!

それではまたお会いしましょう!庵谷でした!
皆様の応援が励みになります。応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

|

« 第132回 健康診断の主なものの特徴 | トップページ | 第133回 適用事業の保険関係消滅時における必要手続 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第132回 健康診断の主なものの特徴 | トップページ | 第133回 適用事業の保険関係消滅時における必要手続 »