« 第104回 寄宿舎の安全衛生 | トップページ | 第106回 保険給付の時効(1)時効期間 »

2010年11月16日 (火)

第105回 年少者の労働に関する規制の例外

第105回は、労働基準法から 「年少者の労働に関する規制の例外」です。

---

社会保険労務士暗記研究会からのお知らせ①

秘伝!社労士暗記術が月刊誌『社労士V』に掲載!

庵谷が書いた記事が、『社労士V12月号』に掲載されています。11月1日より発売中です。
「秘伝!社労士暗記術」で特に人気のあるゴロ合わせが掲載中。

さらに、未発表で『2011年版秘伝!社労士試験暗記術』掲載予定のゴロ合わせや、過去問を解いてみるコーナーがあったりと盛りだくさん。以下より購入できます。

社会保険労務士暗記研究会からのお知らせ②

社会保険労務士暗記研究会では新メンバーを募集しています

現在受験生で頑張っている人、そして、社労士の方。
10万人以上登録している人がいる番組に携わってみませんか?

応募方法はsharoushi.*nki@gmail.comの*部分をaに変えたメールアドレスまで
以下を記載しご応募下さい。

① 氏名(漢字と読み仮名)、ペンネーム(あればで結構です)
② 秘伝!社労士暗記術でどんなことがしたいかという抱負

こちらから、折り返し連絡させて頂きます。
皆様のご応募お待ちしております!!!

社会保険労務士暗記研究会からのお知らせ③

秘伝!社労士試験暗記術第1巻(労働編)
秘伝!社労士試験暗記術第2巻(社会保険編)(ともに同友館)2010 年4月15日発売!!
未発表ゴロ合わせや最近の試験傾向に対応したゴロ合わせ、最新の過去問などが詰まって盛りだくさんです。第1巻、第2巻を同時購入された方は「秘伝!社労士暗記術」公開収録でお話してみませんか?ご応募は上のメールアドレスまで!

秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第1巻〉
秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第2巻〉
(ともに同友館)
2010年2月18日に発売しました!!
上のリンクをクリックで購入できます。詳細は「秘伝!診断士暗記術」の公式ブログまで!

社会保険労務士暗記研究会からのお知らせ④

最新情報をお伝えする公式twitterアカウントも開設していますので、興味のある方はぜひフォローしてみて下さい。庵谷のアカウントは「ioritani」、46のアカウントは「46s」です。こちらもフォローしてみてください。

Twitter Button from twitbuttons.com

---

「sharou105.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

年少者の労働に関する規制の例外

「イッサとジョージの非行マジで永遠」「時効は冬、ロケーションに今日は感慨」

イッサと      = 満13
ジョージの    = 以
非行       
= 非工業的業種
ジで       = 未
永遠       = 画の製作又は劇の事業
時効冬    = 童の健および祉に害でないこと
ロケー      = 働が易なものであること
ションに今日は = 轄労働基準監督署長の可を受けること
感慨       = 修学時間外に使用すること

年少者の労働に関する規制の例外の概要

概要、用語解説等については秘伝!社労士試験暗記術第1巻(労働編)46~47ページをご覧ください!

今回のキーワードは、労働基準法における。年少者の労働に関する規制の例外をあらわしています。年少者との労働契約について「使用者は、児童が満15歳に達した日以後の最初の3月31日が終了するまで、これを使用してはならない」と規定されていますが、これには例外規定があります。年少者の労働契約に関する規制の例外をキーワードとともに以下にまとめました。

年齢 要件 キーワード
13 の児童 非工業的業種の事業であること イッサジョージの非行
の児童 画の製作又は劇の事業であること ジで永遠
満13歳未満・以上共通 童の健及び祉に害でないこと 時効
働が易なものであること ロケー
轄労働基準監督署長の可を受けること ションに今日
修学時間外に使用すること 感慨

今回はくろちゃんがお送りしました。
皆様の応援が励みになります。応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

|

« 第104回 寄宿舎の安全衛生 | トップページ | 第106回 保険給付の時効(1)時効期間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第104回 寄宿舎の安全衛生 | トップページ | 第106回 保険給付の時効(1)時効期間 »