« 第83回 老齢厚生年金の加給年金の額 | トップページ | 第85回 賃金の支払の確保等に関する法律 »

2010年6月15日 (火)

第84回 最低賃金法の最低賃金の適用除外規定の廃止及び減額の特例規定の新設

社会保険労務士暗記研究会からのお知らせ①

「秘伝!社労士暗記術」のオープニングテーマの『Flavor』と、ヨーヨー世界チャンピオンBLACKのテーマ曲『Thankful Days』が収録された両A面シングルがiTunesより発売されました。本当に長い間お待たせいたしました!

曲は以下より試聴と購入ができるので是非聞いてみてください!以下の写真クリックで購入することができます。

Flavor/Thankful Days

社会保険労務士暗記研究会からのお知らせ②

秘伝!社労士試験暗記術第1巻(労働編)
秘伝!社労士試験暗記術第2巻(社会保険編)(ともに同友館)2010年4月15日発売!!

未発表ゴロ合わせや最近の試験傾向に対応したゴロ合わせ、最新の過去問などが詰まって盛りだくさんです。

amazonでのステータスが「在庫あり」に戻りました。大変お待たせいたしました。

ちなみに、第1巻、第2巻を同時購入された方への特典である、「秘伝!社労士暗記術」公開収録については全て終了いたしました。皆様のご応募ありがとうございました。

社会保険労務士暗記研究会からのお知らせ③

秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第1巻〉
秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第2巻〉
(ともに同友館)
2010年2月18日に発売しました!!

上のリンクをクリックで購入できます。また、右サイドバーの「About」の画像クリックでamazonのサイトより購入することができます。

未発表ゴロ合わせや最近の試験傾向に対応したゴロ合わせ、最新の過去問などが詰まって盛りだくさんです。詳細は「秘伝!診断士暗記術」の公式ブログまで!

---

第84回は、労務管理その他の労働に関する一般常識から 「最低賃金法の最低賃金の適用除外規定の廃止及び減額の特例規定の新設」についてです。

「sharou084.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

最低賃金法の最低賃金の適用除外規定の廃止及び減額の特例規定の新設

「等々力の巨漢、最低人除外。軽く小食試して2割」

等々力都道府県
巨漢許可(が必要)
最低最低賃金額
時間単位
除外=適用除外の廃止(→減額の特例へ)
(以下減額の特例規定)
く=易な業務に従事する者
=精神または体の害により著しく労働能力の低い者
業訓練のうち職業に必要な基礎的な技能およびこれに関する知識を習得させることを内容とするものを受ける者であって厚生労働省令で定めるもの
試し2割試しの使用期間中の者、にかぎっては100分の20まで減額することができる

最低賃金法の最低賃金の適用除外規定の廃止及び減額の特例規定の新設のポイント

適用除外規定の廃止及び減額の特例規定の新設(法改正項目)
平成20年に最低賃金の適用除外規定が削除され、新たに減額の特例規定が設けられました。

都道府県労働局長の許可により最低賃金額を減額することができる対象となる労働者


①精神または身体の障害により著しく労働能力の低い者
②試の使用期間中の者
③職業能力開発促進法第24条第1項の認定を受けて行われる職業訓練のうち職業に必要な基礎的な技能及びこれに関する知識を習得させることを内容とするものを受ける者であって厚生労働省令で定める者
④軽易な業務に従事する者その他の厚生労働省令で定める事

減額率の上限について

100分の20という減額率の上限、これはあくまで試しの使用期間中のものを対象とするときだけのもので、他の要件の場合には、最も軽易な者の業務負担と比較したり、類似の業務の最低位の能力を有するものの労働能率の程度に応じた率などに応じて上限が決まることに注意しましょう。

イメージ図、イメージ等の詳細は秘伝!社労士試験暗記術第1巻(労働編)158~159ページをご覧ください。

---
今回は46がお送りしました!
皆様の応援が励みになります。応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 
士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

|

« 第83回 老齢厚生年金の加給年金の額 | トップページ | 第85回 賃金の支払の確保等に関する法律 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第83回 老齢厚生年金の加給年金の額 | トップページ | 第85回 賃金の支払の確保等に関する法律 »