« 第62回 脱退一時金の支給要件 | トップページ | 第64回 高齢者の医療の確保に関する法律の後期高齢者に関する費用の負担割合 »

2010年1月18日 (月)

第63回 労働者派遣法①労働者派遣事業の派遣禁止業務

社会保険労務士暗記研究会からのお知らせ

「秘伝!社労士暗記術」の兄弟番組、「秘伝!FP暗記術」がスタートしました。

ブログの右サイドバーの「リンク」からも登録することができます。
iTunesをお持ちの方は、iTunes Storeのパワーサーチで「秘伝」と検索すると、「秘伝!FP暗記術」が出てきますので登録頂ければと思います。

また、以下から登録できますので、こちらもご利用ください。

■公式ブログ http://anki-fp.cocolog-nifty.com/
■検索ワード 「FP 暗記」
■iTunesへの登録はこのリンクをクリックすると、「秘伝!FP暗記術」の音声データをiTunesに自動ダウンロードできます。
---

第63回は、労務管理その他の労働に関する一般常識から 「労働者派遣法の労働者派遣事業の派遣禁止業務」です。

「sharou063.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

労働者派遣法の労働者派遣事業の派遣禁止業務

「貢献美を医師発見できず、賞賛すべき」

湾運送業務
設業務
美=
業務
医師
 医師、歯科医師、薬剤師、看護師、栄養士等の業務
発見できず
派遣禁止
=(例外)介予定派遣
=(例外)後育休、介護休業の代替要員
べき=(例外)派遣就業場所がへき地にある場合


派遣禁止業務


何人も、次のいずれかに該当する業務について、労働者派遣事業を行うことは禁止されています(適用除外業務)

(1)港湾運送業務
(2)建設業務
(3)警備業務
(4)医師、歯科医師、薬剤師、看護師、栄養士等の業務(病院もしくは診療所[厚生労働省令で定めるものを除く]、助産所、介護老人保健施設または医療を受ける者の自宅において行われる者などに限る)

ただし、上記(4)の業務でも、以下の場合には、労働者派遣事業を行うことができます。
①紹介予定派遣をする場合
②産前産後育休、介護休業の代替要員として派遣される場合
③医師の業務について、派遣就業の場所が一定のへき地にある場合、または地域における医療の確保のために派遣労働者を従事させる必要があると認められるものとして定める一定の場所である場合

---
2月頃には「秘伝!社労士暗記術」の書籍版が出版される予定です。

こちらも応援よろしくお願いいたします!

それではまたお会いしましょう!46でした!
皆様の応援が励みになります。応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

|

« 第62回 脱退一時金の支給要件 | トップページ | 第64回 高齢者の医療の確保に関する法律の後期高齢者に関する費用の負担割合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第62回 脱退一時金の支給要件 | トップページ | 第64回 高齢者の医療の確保に関する法律の後期高齢者に関する費用の負担割合 »