« 第48回 原則としての定額部分の額 | トップページ | 第50回 50回記念番組 »

2009年10月 6日 (火)

第49回 男女雇用機会均等法の性別を理由とした差別的取扱い禁止事項

社会保険労務士暗記研究会からのお知らせ

KEN46が歌うエンディングテーマ『つかんで』が満を持して発売となりました。
また、秘伝!診断士暗記術のオープニングテーマ『Drive my way』も
同時発売となりました。

ブログの右サイドバーより購入できますので、応援よろしくお願いします!

【iTunes Store】
こちらより購入できるようになりました。以下の写真クリックで購入することができます。


【monstar shop】

つかんで/Drive My Way | monstar.fm つかんで/Drive My Way
KEN46

---

第49回は、労務管理その他の労働に関する一般常識から

 「男女雇用機会均等法の性別を理由とした差別的取扱い禁止事項」です。

「sharou049.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

男女雇用機会均等法の性別を理由とした差別的取扱い禁止事項

精査別を理由とした別的取扱い

なし禁止事項

公共格及び育訓練

風呂福利厚生

=住宅資金の貸付けその他

処刑=職種および雇用態の変更

体感退職の

抵抗年及び解雇並びに労働契約の更新

 →男女雇用機会均等法による、性別を理由とした差別的取扱いの禁止事項が並んでいます。  

性別を理由とする差別的取り扱いの禁止の概要とゴロ合わせのポイント

男女雇用機会均等法により、事業主は、次の(1)~(4)の事項について、労働者の性別を理由として、差別的取り扱いをしてはならないこととされています。

(1) 労働者の配置、昇進、降格及び教育訓練
 例)一定の役職に昇進するための試験の合格基準を性別により別々に用意する、など。

(2) 住宅資金の貸付けその他これに準ずる福利厚生の措置であって厚生労働省令で定めるもの
 例)福利厚生として用意されている生活資金や教育資金の貸付制度の適用について、性別によって差別的取り扱いを行うなど。

(3) 労働者の職種および雇用形態の変更
 例)「一般職」や「総合職」といった職種の変更を男女いずれかのみに適用するなど。

(4) 退職の勧奨、定年及び解雇並びに労働契約の更新
 例)退職勧奨の対象年齢の規定を男女別々に設けるなど。

今回は永遠の受験生?46がお送りさせていただきました。
それではまたお会いしましょう!

皆様の応援が励みになります。
毎日1クリックの応援クリックをお願いします!↓

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

|

« 第48回 原則としての定額部分の額 | トップページ | 第50回 50回記念番組 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第48回 原則としての定額部分の額 | トップページ | 第50回 50回記念番組 »