« 第42回 休業(補償)給付 | トップページ | 第44回 健康診断の記録および報告 »

2009年8月23日 (日)

第43回 「高年齢求職給付金と特例一時金」

本試験お疲れ様でした!

長い試験だったので、一日試験を受けた後はへとへとになってしまったのではないでしょうか?

試験の発表までまだだいぶありますが、皆様はどう過ごされるのでしょうか?

試験の解答も各予備校から発表されますので自己採点をされたら、
また何かを学習し始めるのはとても有効だと思います。
自分で習得した「勉強の癖」をなくしてしまうのはもったいないですからね!

診断士試験を勉強する場合は、「秘伝!診断士暗記術」を聴き始めるというのも
一つのてかもしれませんよ!

(また、宣伝になってしまいましたね(笑))

といいつつ、少し休息をとり、ここまで自分自身と戦ってきたことを、
ほめてあげることも、忘れないでしてあげてくださいね!

…と庵谷が語っちゃいました。

社会保険労務士暗記研究会からのお知らせ

KEN46が歌うエンディングテーマ『つかんで』が満を持して発売となりました。
また、秘伝!診断士暗記術のオープニングテーマ『Drive my way』も
同時発売となりました。

ブログの右サイドバーより購入できますので、応援よろしくお願いします!

【iTunes Store】
こちらより購入できるようになりました。以下の写真クリックで購入することができます。


---

第43回は、雇用保険法から 「高年齢求職給付金と特例一時金」です。

「sharou043.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

高年齢求職給付金と特例一時金

「恋未満去れ、恋以上ゴー、リョウイチ。タン塩ロッカー?」

恋未満年齢継続被保険者で算定基礎期間が1未満
去れ30日 
恋以上年齢継続被保険者で算定基礎期間が1以上
ゴー50
リョウイチ=申込は職日の日から1年を経過する日まで

ここまでは高年齢求職者給付金についてまとめています。

算定基礎期間が1年未満なら高年齢求職者給付金の額が基本手当日額×30日で、算定基礎期間が1年以上なら高年齢求職者給付金の額が基本手当日額×50日です。
申込期限は離職の日の翌日から1年を経過するまでとなっています。

タン期雇用特例被保険者
40
ロッカー=申込は離職日の翌日から6箇月を経過する日まで


短期雇用特例被保険者が対象になる特例一時金の額は、基本手当日額×40日で、申込期限は離職の日の翌日から6箇月を経過するまでとなっています。



高年齢求職給付金と特例一時金の概要とポイント

今回のポイントは受給資格の要件についてです。高年齢求職者給付金も特例一時金も受給資格の要件は同じで、

①離職による被保険者資格の喪失の確認を受けたこと。

②労働の意思および能力を有するにもかかわらず、職業に就くことができない状態であること。

③原則として、離職の日以前1年間に被保険者期間が通算して6箇月以上あること


の3点が必要になります。
これは特定受給資格者の基本手当の受給資格の要件と同じです。

それではまたお会いしましょう!とんちゃんでした!
皆様の応援が励みになります。応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

|

« 第42回 休業(補償)給付 | トップページ | 第44回 健康診断の記録および報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第42回 休業(補償)給付 | トップページ | 第44回 健康診断の記録および報告 »