« 第38回 標準報酬月額の上限の改定 | トップページ | 第40回 児童手当法の費用の負担 »

2009年7月20日 (月)

第39回 「雇用対策法の募集および採用における年齢制限の禁止の例外」

社会保険労務士暗記研究会からのお知らせ

KEN46が歌うエンディングテーマ『つかんで』が満を持して発売となりました。
また、秘伝!診断士暗記術のオープニングテーマ『Drive my way』も
同時発売となりました。

ブログの右サイドバーより購入できますので、応援よろしくお願いします!

【iTunes Store】
こちらより購入できるようになりました。以下の写真クリックで購入することができます。


【monstar shop】

つかんで/Drive My Way | monstar.fm つかんで/Drive My Way
KEN46

----------

第39回は、労務管理その他の労働に関する一般常識から 「雇用対策法の募集および採用における年齢制限の禁止の例外」です。

「sharou039.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

雇用対策法の募集および採用における年齢制限の禁止の例外

「寝れん、鉄砲 じゃんけん送迎策」

寝れ年齢制限禁止の例外
年年齢を上限として、期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用するとき
=労働基準法等令の規定により年齢制限が規定されているとき
じゃんけん=①年者で、かつ経不問
=②特定の職種において労働者数が当程度少ない特定年齢層に限定
=③術・芸能の分野における表現の真実性等の要請があるとき
=④高年齢者又は特定の年齢層の雇用を促進する施の対象となる者を募集・採用するとき

年齢制限禁止の例外となる場合を表しています。

募集および採用における年齢制限の禁止とその例外の概要とポイント

事業主は、以下(1)~(3)に掲げる場合を除き、労働者の募集及び採用について、その年齢にかかわりなく均等な機会を与えなくてはなりません。

(1)定年年齢を上限として、当該年齢未満の労働者を期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用するとき
(2)労働基準法等法令の規定により年齢制限が規定されているとき(例:警備業)
(3)年齢制限を必要最小限のものとする観点から見て合理的な制限とされる次の①~④に該当するとき
①長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、新規学卒者等をはじめとした若年者を期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用するとき(ただし、職業経験を不問とし、新規学卒者と同等の処遇であること)
②特定の職種において労働者数が相当程度少ない特定の年齢層に限定し、かつ、期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用するとき
③芸術・芸能の分野における表現の真実性等の要請があるとき
④高年齢者又は特定の年齢層の雇用を促進する施策の対象となる者に限定して募集・採用するとき

下限年齢の定めについて

労働者の募集及び採用に関する年齢制限というと、上限年齢にまつわる制限をイメージしてしまいますが、一定の場合をのぞき、上限年齢だけでなく、下限年齢を定める場合も雇用対策法違反となることに注意しましょう。

それではまたお会いしましょう!46でした!

皆様の応援が励みになります。1日1クリックの応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

|

« 第38回 標準報酬月額の上限の改定 | トップページ | 第40回 児童手当法の費用の負担 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第38回 標準報酬月額の上限の改定 | トップページ | 第40回 児童手当法の費用の負担 »