« 第30回 社会保険労務士法の懲戒処分 | トップページ | 第32回 療養給付の一部負担金 »

2009年5月25日 (月)

第31回 パートタイム労働者等に対する有給休暇の比例付与

社会保険労務士暗記研究会からのお知らせ

エンディングテーマ『つかんで』が満を持して発売となりました。
(「秘伝!診断士暗記術」のオープニングテーマ『Drive my way』と同時発売開始となりました。)

オープニングテーマ『flavor』は現在準備中ですので、
もう少しお待ちください!

monstar shopより購入できるようになりました!
1曲で200円ですが、2曲同時購入で300円と大変お得です。

ブログの右サイドバーまたは下記リンクより購入できますので、応援よろしくお願いします!

つかんで/Drive My Way | monstar.fm つかんで/Drive My Way
KEN46

----------

第31回は、労働基準法から 「パートタイム労働者等に対する有給休暇の比例付与」です。

「sharou031.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

====================================

パートタイム労働者等に対する有給休暇の比例付与

「非礼終始のイチロー、30未満を5人捨てる」

非礼=有給休暇の比例付与

終始=1間の労働日数が4日以下

のイチロー=1年間の所定労働日数が216日以下

30未満=1週間の所定労働時間が30時間未満

5人=1週間の労働日数÷5.2

捨てる=端数は切り捨て

有給休暇の比例付与の対象となる労働者の条件、
そして比例付与対象者への付与日数を算出するための計算式を表しています。

①1週間の労働日数が4日以下の労働者 または
②1年間の所定労働日数が216日以下の労働者
かつ1週間の所定労働時間が30時間未満というのが対象となる労働者の条件です。

①または②を満たしても、1週間の所定労働時間が30時間以上の労働者については、比例付与ではなく通常の正規の有給の付与日数となります。

比例付与対象となった場合の付与日数は、

通常の付与日数かける、1週間の労働日数÷5.2になります。

例)1週間の労働日数が3日で、通常10日付与の場合、10日かける3÷5.2=5.76日、これを端数は切り捨てで、5日の付与ということになります。

パートタイム労働者等に対する有給休暇の比例付与ポイント

せっかく5.2日をゴロ合わせでおぼえても、通常の付与日数がわからないと、比例付与日数を出すことができません。

今回のわたしのように間違わないように、0.5年で10日、1.5年で11日、2.5年で12日…しっかりおぼえておきましょう!

また、週ではなく1年間の所定労働日数で問われたときの対策もしておきましょう。

ゴロ合わせ中の「216」日が週換算では4日となり、
そこから下記表のように、48日ごとに1週間換算の労働日数が切り替わっていきます。

1年間
4日 169~216日
3日 121~168日
2日 73~120日
1日 48~72日

それではまたお会いしましょう!

今回思わぬところでクイズをまちがえてしまった受験生の46でした!

皆様の応援が励みになります。1日1クリックの応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

|

« 第30回 社会保険労務士法の懲戒処分 | トップページ | 第32回 療養給付の一部負担金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第30回 社会保険労務士法の懲戒処分 | トップページ | 第32回 療養給付の一部負担金 »