« 第29回 障害者雇用促進法の障害者雇用率 | トップページ | 第31回 パートタイム労働者等に対する有給休暇の比例付与 »

2009年5月19日 (火)

第30回 社会保険労務士法の懲戒処分

社会保険労務士暗記研究会からのお知らせ

エンディングテーマ『つかんで』が満を持して発売となりました。
(「秘伝!診断士暗記術」のオープニングテーマ『Drive my way』と同時発売開始となりました。)

オープニングテーマ『flavor』は現在準備中ですので、
もう少しお待ちください!

monstar shopより購入できるようになりました!
1曲で200円ですが、2曲同時購入で300円と大変お得です。

ブログの右サイドバーより購入できますので、応援よろしくお願いします!

----------

第30回は、社会保険に関する一般常識から 「社会保険労務士法の懲戒処分」です。

「sharou030.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

====================================

社会保険労務士法の懲戒処分

「チューを怠り、1年停止かい?」

チューを怠り=相当の意を怠り、真正の事実に反して申請書等の作成を行ったとき、又は不正行為の指示を行ったとき

1年停止1年以内の業務の停止

かい=戒告

「恋はしっかり1年停止」

恋=故意に、真正の事実に反して申請書等の作成を行ったとき、又は不正行為の指示を行ったとき

しっかり失格処分

1年停止1年以内の業務の停止

 社会保険労務士に対する懲戒処分は「①戒告」「②1年以内の業務の停止」「③失格処分」の3種類があります。
 そのうち、不正行為の指示等を行った等の場合はその不正行為の指示等が故意かそうでないかで、処分の重さが異なります。

故意でない場合は「①戒告」と「②1年以内の業務の停止」のみで「③失格処分」はありません。

故意の場合は「②1年以内の業務の停止」と「③失格処分」のみで「①戒告」はありません。

社会保険労務士法の懲戒処分ポイント

 厚生労働大臣は、不正行為の指示等を行ったときの場合を除くほか、社会保険労務士が次に掲げる場合に該当するときは、「①戒告」「②1年以内の業務の停止」「③失格処分」の3種類の懲戒処分をすることができます。

A添付書面等に虚偽の記載をしたとき

B社会保険労務士法及びこれに基づく命令若しくは労働社会保険諸法令の規定に違反したとき

C社会保険労務士たるにふさわしくない重大な非行があったとき

それではまたお会いしましょう!とんちゃんでした!
皆様の応援が励みになります。1日1クリックの応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

|

« 第29回 障害者雇用促進法の障害者雇用率 | トップページ | 第31回 パートタイム労働者等に対する有給休暇の比例付与 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第29回 障害者雇用促進法の障害者雇用率 | トップページ | 第31回 パートタイム労働者等に対する有給休暇の比例付与 »