« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月27日 (月)

第27回 合算対象期間

第27回は、国民年金法から 「合算対象期間」についてです。

「sharou027.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

===================================

合算対象期間

「学生は退散し、国会議員は豪語し、外国人は来ない」

学生は退散し=学生は平34月1日から

国会議員は豪語し=国会議員は昭和554月1日から

外国人は来ない=外国人は昭和571月1日から

学生は平成3年4月1日から強制加入となりました。
これにより、昭和36年4月1日から平成3年3月31日の間に任意加入していなかった20歳~60歳の学生は合算対象期間となります。

国会議員は昭和55年4月1日から任意加入となりました。(以前は適用除外)
これにより
①昭和36年4月1日から昭和55年3月31日までの期間で60歳未満の期間は合算対象期間となります。(適用除外であった為)
②昭和55年4月1日から昭和61年3月31日までの期間に任意加入しなかった60歳未満の期間は合算対象期間となります。

外国人は昭和57年1月1日から国民年金が適用されました。
これにより昭和36年5月1日以降、20歳以上65歳未満である間に日本国籍を取得した者の下記の期間は合算対象期間となります。
①日本国内に住所を有していた期間のうち、国民年金の被保険者とならなかった昭和36年4月1日から昭和56年12月31日までの期間で20歳以上60歳未満の期間
②日本国内に住所を有していなかった期間のうち昭和36年4月1日から日本国籍を取得した前日までの期間で20歳以上60歳未満の期間

合算対象期間のポイント

昭和61年3月31日以前を旧法、昭和61年4月1日以後は新法と呼ばれています。
下表は新法と旧法の任意加入の主な変更点です。

  旧法 新法
厚生年金等の被用者年金各法の被保険者の被扶養配偶者 任意加入 第3号被保険者
海外在住邦人 適用除外 任意加入

学生、国会議員、外国人は昭和61年4月以外で変更があったので、試験で問われやすいようです。秘伝のゴロ合わせをご確認ください。

以上、とんちゃんでした!
皆様の応援が励みになります。毎日1クリックの応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

第26回 健康保険組合

第26回は、健康保険法から 「健康保険組合」についてです。

「sharou026.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

健康保険組合

「セブンのタイツで速攻参戦、鈍いひどいと客の高2」

セブン=700人

タイツ=単一組合

速攻=総合組合

参戦=3000人

鈍い=2分の1

ひどい=被保険者の同意

と=と(&)

客=規約

高2=厚生労働大臣の

 健康保険組合設立の要件は単一組合は常時700人以上、総合組合は合算して、常時3000人以上の被保険者があり、2分の1以上の被保険者の同意があることと規約を作成して、厚生労働大臣の設立の認可を受けること。(任意設立)

「釘師さんも高2」

釘師さん合会員の定数の4分の3以上の多数による合会の

高2=厚生労働大臣の

 健康保険保険組合の合併、分割、(解散)をしようとするときは組合会において組合会議員の定数の4分の3以上の多数による議決し、厚生労働大臣の認可を受けなければならない。

健康保険組合のポイント

健康保険組合の設立には任意設立と強制設立があります。下表にまとめました。

  任意設立 強制設立
被保険者数 常時政令で定める数以上
単一組合 常時700人以上
総合組合 常時3000人以上
常時政令で定める数以上
(強制設立の数を定めた
政令なし)
その他要件 ・2分の1以上の被保険者の同意
・規約を作成して
厚生労働大臣の認可
・厚生労働大臣の命令
・規約を作成して
厚生労働大臣の認可         

・健康保険組合は次の3つ理由により解散します。

 ①組合会議員の定数の4分の3以上の多数による組合会の議決(秘伝のゴロ合わせ)
 ②健康保険組合の事業の継続の不能
 ③厚生労働大臣による解散の命令
             +
  厚生労働大臣の認可(③の場合は不要)

以上、とんちゃんでした!
皆様の応援が励みになります。毎日1クリックの応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

第25回 印紙保険料の額

第25回は、労働保険料徴収法から 「印紙保険料の額」です。

「sharou025.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

印紙保険料の額

「①いーなロック♪いーしロック♪クッーーロック♪
  ②バニーもいいさ~♪」

① 「いーなロック♪いーしロック♪クッーーロック♪

いーなロック♪ = 176円(第1級)
いーしロック♪ = 146円(第2級)
クッーーロック♪ =  96円(第3級)

→上のキーワードは、印紙保険料における等級区分ごとの
  印紙保険料額を表しています。

② 「バニーもいいさ~♪」

バニーもいいさ~♪ = 8,200円以上 11,300円未満

→上のキーワードは、印紙保険料における賃金日額(第2級)
  を表しています。


印紙保険料の額の概要とゴロ合わせのポイント

以下に等級区分ごとの印紙保険料額と賃金日額を、キーワードとともに一覧にまとめてみました。

等級
区分
キーワード 賃金日額 キーワード
第1級 176 いーなロック 11,300円以上 -
第2級 146 いーしロック 8,200円以上
11,300円未満
バニーいいさ~
第3級 96 クッーーロック 8,200円未満 -

日雇労働被保険者の雇用保険料は雇用保険印紙によって納付され、この雇用保険印紙によって納付される保険料が「印紙保険料」となります。

印紙保険料は、「賃金を支払うつど」日雇労働被保険者手帳に雇用保険印紙を貼り、消印することで納付する必要があります。これは賃金を後払いしたときであっても、現実の賃金支払日が雇用保険印紙の貼付・消印を行う日となります。
印紙保険料は、過去の本試験でも多く出題されているので、しっかり押さえていって下さいね!

賃金日額については「第2級」の範囲のみを覚えて、それ以上の賃金日額を「第1級」、それ未満の賃金日額を「第3級」と覚えてもらえれば良いかと思います。
ただ、「第2級」の賃金日額は8,200円「以上」11,300円「未満」であることに注意して下さい。賃金日額が8,200円の場合は「第2級」、賃金日額が11,300円の場合は「第1級」なので、試験等で問われた場合は気をつけて下さいね。

今回はクロちゃんがお送りさせていただきました。
それではまたお会いしましょう!

皆様の応援が励みになります。
毎日1クリックの応援クリックをお願いします!↓

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

第24回 巡視の頻度

第24回は、労働安全衛生法から 「巡視の頻度」です。

「sharou024.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

巡視の頻度

※(2010年3月3日訂正)
ゴロ合わせの変更はありませんが、一部誤った内容がありましたので、
訂正させて頂きました。

音声の解説は以下のとおり、訂正となります。お手数をおかけいたしますが、
よろしくお願いいたします。


「純なアンナと瑛太は週1デート、サテンは月1回。」

な=
アンナ全管理者・統括全衛生責任者の巡視の頻度   :設けられてい
太は週1デート=生管理者の巡視の頻度          :週1
サテン月1回=業医・社安全衛生管理者の巡視の頻度:月1

巡視の頻度の概要とポイント

巡視の頻度の概要をまとめると以下の表になります。ゴロ合わせと一緒に記載してありますので、一緒に覚えてしまいましょう。

管理者の種類 巡視
義務
頻度 ゴロ合わせ

全管理者
統括全衛生責任者

既定 アンナ
生管理者 週1以上 瑛太週1デート
業医
社安全衛生管理者
月1以上 サテン月1
その他 × - -

① 安全管理者と統括安全衛生責任者が他と違う

安全管理者と統括安全衛生責任者が、特徴的です。衛生管理者は週1という頻度、店社安全衛生管理者や産業医は月1という頻度が規定されていますが、安全管理者と統括安全衛生責任者は頻度の規定がありません。また、安全管理者は頻度が規定されていないだけであり、巡視義務がないわけではないのでこの点もご注意ください。

② ここで出てきていない管理者には巡視義務がない

たとえば、総括安全衛生管理者や作業主任者、建設業のみ選任義務がある元方安全衛生管理者、安全衛生責任者は巡視義務がありませんのでご注意ください。

それぞれの管理者の巡視の頻度をまとめています。第7回では衛生管理者、第8回では安全管理者、店社安全衛生管理者についての内容を配信しております。こちらも合わせて聞いてみると理解が進むと思います。

また、統括安全衛生責任者と店社安全衛生管理者は建設業のみで設置必要な管理者になりますので、一緒に思い出しましょう。

---
それではまたお会いしましょう!庵谷でした!
皆様の応援が励みになります。1日1クリックの応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »