« 第19回 船員保険法の傷病手当金 | トップページ | 第21回 就業規則の絶対的必要記載事項と労働条件の絶対的明示事項 »

2009年3月10日 (火)

第20回 確定拠出年金法の拠出限度額

第20回は、社会保険に関する一般常識から 「確定拠出年金法の拠出限度額」についてです。

「sharou020.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

確定拠出年金法の拠出限度額

※(2009年12月20日追加)
平成22年1月より拠出限度額が引き上げられます。ただし、個人型年金の第1号加入者については、変更がありません。

音声の解説は以下のとおり、訂正となります。お手数をおかけいたしますが、
よろしくお願いいたします


「今日限り。寄港なしのゴイチは、寄港ありの午後。こういちのロバでこうじが釜山へ。」

今日限り度額
寄港なし業型年金で生年金基金等の確定給付企業年金に加入がない
ゴイチ51,000円
寄港あり業型年金で生年金基金等の確定給付企業年金に加入がある
の午後25,500円
こういち人型年金で国民年金の第1号被保険者
ロバ68,000円
こうじ人型年金で国民年金の第2号被保険者
釜山23,000円

確定拠出年金法のポイント

納付
  企業型年金・・・事業主が資産管理機関に納付する
  個人型年金・・・加入者が国民年金基金連合会に納付する

・裁定
  権利を有する者の請求に基づいて記録関連運営管理機関等が裁定する。

 資産管理機関と記録関連運営管理機関等をごっちゃにしないようにしましょう。

   
今回はとんちゃんが作成しました!それではまたお会いしましょう!

皆様の応援が励みになります。毎日1クリックの応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

|

« 第19回 船員保険法の傷病手当金 | トップページ | 第21回 就業規則の絶対的必要記載事項と労働条件の絶対的明示事項 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1125464/28424153

この記事へのトラックバック一覧です: 第20回 確定拠出年金法の拠出限度額:

« 第19回 船員保険法の傷病手当金 | トップページ | 第21回 就業規則の絶対的必要記載事項と労働条件の絶対的明示事項 »