« 第20回 確定拠出年金法の拠出限度額 | トップページ | 第22回 労働者災害補償保険法の遺族(補償)年金の額 »

2009年3月17日 (火)

第21回 就業規則の絶対的必要記載事項と労働条件の絶対的明示事項

第21回は、労働基準法から 「就業規則の絶対的必要記載事項と労働条件の絶対的明示事項」です。

---

社労士暗記研究会からのお知らせ①

2013年版秘伝!社労士試験ゴロ合わせ合格術
2013年4月5より好評発売中です。

昨年までの2巻構成の『秘伝!社労士試験暗記術シリーズ』は
今年より1巻に濃縮され生まれ変わりました

今年のコンセプトは、過去問を徹底的に分析し、
過去10年間の試験で3回以上出題されている箇所のみを
ゴロ合わせ
にしました。

また、長すぎて使えない、短すぎて大事な箇所がない、
といったゴロ合わせも徹底的に見直して、
よりよいものにブラッシュアップしています。

お値段は2巻→1巻となったことにより、リーズナブルになりました

さらに過去問については、本書を購入いただいた読者の方限定で
右サイドバーより無料でPDFをプレゼントしています

(ダウンロード方法は本書をご確認ください)。

社労士試験の暗記地獄を乗り切るための、
必読の1冊となっております。
ぜひ、書店さん、インターネット書店さんでお買い求めください!

社労士暗記研究会からのお知らせ②

次回の公開収録は6月22日(土)の9:00から、東京の渋谷で行います。

応募方法はsharoushi.*nki@gmail.comの*部分をaに変えたメールアドレスまで
以下を記載しご応募下さい。

① 氏名(漢字と読み仮名)、ペンネーム(あればで結構です)
② 秘伝!社労士暗記術の感想(好きなゴロ合わせやご要望など)

こちらから、折り返し連絡させて頂きます。
皆様のご応募お待ちしております!!!

また、庵谷、安田による著書
『超快速勉強法』は好評発売中!
amazonではコツコツできない人でも短期間でスイスイ受かる! 超快速勉強法
より発売中です。 増刷や新聞広告に何度も掲載されました。
ぜひ、あわせてお買い求めください!

---

「sharou021.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

就業規則の絶対的記載必要事項と労働条件の絶対的明示事項

(2013.06.21UP)
有期労働契約の継続・終了に係る予測可能性と納得性を高め、もって紛争の防止に資するため、契約更新の判断基準は、労働条件の絶対的明示事項に含まれることになりました。

これによりこの規定は労働条件の絶対的明示事項に移行されました。


「ユーキ、絶対コーチン自給大会ショーやろう!条件は聞かんで、バギーしょって!」

前半で、就業規則の絶対的必要記載事項と労働条件の絶対的明示事項で記載する共通事項がまとめてあります。

ユーキ
絶対=(就業規則の)絶対的必要記載事項、(労働条件の)絶対的明示事項
コー替制の終業時転換に関する事項
チン金(臨時の金等除く) に関する事項
=始業・終業の
=憩時間、日、
大会退職に関する事項(雇の事由を含む)
ショー給に関する事項

後半で、労働条件の絶対的明示事項にのみ必要な記載事項がまとめてあります。

条件=労働条件
聞かんで=労働契約の期間、期間の定めのある労働契約を更新する場合の基準に関する事項
=就業
ギー=従事すべき務に関する事項
しょって所定労働時間を超える労働の有無

就業規則の絶対的記載必要事項と労働条件の絶対的明示事項の概要とゴロ合わせのポイント

概要をまとめると以下の表になります。ゴロ合わせと一緒に記載してありますので、一緒に覚えてしまいましょう。

 

  就業規則の絶対的
必要記載事項
ゴロ
合わせ
労働条件の絶対的
明示事項
1 替制の終業時転換
に関する事項
コー 替制の終業時転換
に関する事項
2 (臨時の金等除く) に
関する事項
チン (臨時の金等除く) に
関する事項
3 始業・終業の 始業・終業の
4 憩時間、日、   憩時間、日、
5 退職に関する事項
雇の事由を含む)
大会 退職に関する事項
雇の事由を含む)
6 昇給に関する事項 ショー 昇給に関する事項
7   聞かん 労働契約の期間、期間の定めのある労働契約を更新する場合の基準に関する事項
8   就業
9   従事すべき務に関する事項
10   しょって 所定労働時間を超える
労働の有無

 

(2013.06.21UP)
ちなみに更新する場合の基準に関する事項については、雇用継続の可能性
についてある程度予見することが可能であることを要します。

たとえば「更新の有無」については、
自動的に更新する/更新する場合があり得る/契約の更新はしない

「契約更新の判断基準」については、
契約期間満了時の業務量により判断する/労働者の勤務成績、態度により判断する
/労働者の能力により判断する/会社の経営状態により判断する/
従事している業務の進捗状況により判断する


等を明示することが考えられるものである必要があります。


① 「退職」ときたら要注意!
退職に関しては、絶対的、つまり必ず記載しなくてはなりません。また、退職手当については相対的、つまりその制度があれば記載しなくてはいけない項目となります。

② 共通な項目とそうでない項目を分類する!  
労働条件の絶対的明示事項のみ、労働契約の期間、就業場所、従事すべき業務に関する事項、所定労働時間を超える労働の有無の4つを記載しなくてはならず、これは就業規則の絶対的必要記載事項とはなっておりませんので注意が必要です。

庵谷でした!

|

« 第20回 確定拠出年金法の拠出限度額 | トップページ | 第22回 労働者災害補償保険法の遺族(補償)年金の額 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1125464/28233137

この記事へのトラックバック一覧です: 第21回 就業規則の絶対的必要記載事項と労働条件の絶対的明示事項:

« 第20回 確定拠出年金法の拠出限度額 | トップページ | 第22回 労働者災害補償保険法の遺族(補償)年金の額 »