« 第16回 特別支給の老齢厚生年金 | トップページ | 第18回 高年齢者等の雇用の安定等に関する法律の高年齢者雇用確保措置 »

2009年2月16日 (月)

第17回 職業安定法の職業紹介事業

第17回は、労務管理その他の労働に関する一般常識から 「職業安定法の職業紹介事業」です。

「sharou017.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

職業安定法の職業紹介事業

「①ユウコの故郷は最高。
 ②意地でも無料で今日ゴーゴー!
 ③地方の学童、コートは学校に無い。」

前半「ユウコの故郷は最高。」について。
ユウコ=料職業紹介事業
故郷生労働大臣の
最高=許可の有効期限が(新規)3年、(更新)5

中盤「意地でも無料で今日ゴーゴー!」について。
地でも無料で=般の無料職業紹介事業
故郷生労働大臣の
ゴーゴー!=許可の有効期限が(新規)5年、(更新)5

後半「地方の学童、コートは学校に無い。」について。
地方の学童=(無料職業紹介事業の)地方公共団体、校等、別法人
コート生労働大臣の
学校に無い=(職業紹介責任者の選任義務は)学校等のみ無い


職業安定法の職業紹介事業の概要とゴロ合わせのポイント


職業紹介事業の概要をまとめると以下の表になります。ゴロ合わせと一緒に記載してありますので、一緒に覚えてしまいましょう。

職業紹介事業者 許可or届出 許可有効期限 ゴロ合わせ
新規 更新
料職業紹介事業 生労働
大臣の
3 5 ユウコの故郷
は最高。
無料
職業
紹介
事業
般の無料職業紹介事業 生労働
大臣の
5 5年 意地でも無料で
故郷にゴーゴー!
地方公共団体 生労働
大臣の
- 地方の学童、
コートは
校等 生労働
大臣の
別法人 生労働
大臣の
※職業紹介責任者選任義務:学校等のみ、それ以外は有 学校に無い。

① 有料か無料かで整理する

・有料の場合と、無料の場合で一般の無料職業紹介事業者の場合:許可が必要
・無料の場合の地方公共団体、学校等、特別法人:届出が必要

体系的に覚えましょう。また、許可の場合の有効期間も必ず覚えましょう。ひっかけなどで問われやすいので気をつけましょう。

② 選任義務の有無を整理する

職業紹介責任者は基本的に選任義務があります。有料職業事業者や一般の無料職業紹介事業者、地方公共団体、特別法人は選任義務がありますが、唯一学校等は選任義務がありません

それではまたお会いしましょう!庵谷でした!
皆様の応援が励みになります。
1日1クリックの、応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

|

« 第16回 特別支給の老齢厚生年金 | トップページ | 第18回 高年齢者等の雇用の安定等に関する法律の高年齢者雇用確保措置 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1125464/26844141

この記事へのトラックバック一覧です: 第17回 職業安定法の職業紹介事業:

« 第16回 特別支給の老齢厚生年金 | トップページ | 第18回 高年齢者等の雇用の安定等に関する法律の高年齢者雇用確保措置 »