« 第10回 労働保険事務組合へ委託できない業務の範囲 | トップページ | 第12回 適用除外の主なもの »

2009年1月 5日 (月)

第11回 保険医療機関等及び保険医等

社会保険労務士暗記研究会からのお知らせ

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様に少しでもお役に立てる、暗記術を公開していきたいと思いますので、
これからもご愛顧よろしくお願いいたします。

また、社会保険労務士暗記研究会では新たなメンバーを募集しております。
ご興味のある方は以下までメールを頂ければと思います。
Add_7
=====================================

第11回は、健康保険法から 「保険医療機関等及び保険医等」です。

「sharou011.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

※今回は、少し音質が悪くなっています。
雑音がひどいようでしたら、音量を少し下げて聞いてください。

=====================================

保険医療機関等及び保険医等

「チイちゃん京都離島。聞かん、疑問2つだけど。いーよ、俺疑問無し。」

チイちゃん=方社会保険療協議会
京都離党」=(この順で)否、都離消、
聞かん=保険医療機関
疑問2つ」=(この順で)=拒否の問2つ=(諮問が2回続く)=諮、諮
いーよ=保険医等
疑問なし」=(この順で)=拒否の=諮無し=諮問も議も不要

保険医療機関等及び保険医等の概要

保険医療機関等と保険医等の概要をまとめると以下の表になります。ゴロ合わせと一緒に記載してありますので、一緒に覚えてしまいましょう。

わかりやすく、機関、医師という風に単純化すると頭に入りやすいです。

  種類 ゴロ合わせ
京都離島
保険医療機関 拒否の 疑問2つ
保険 拒否の 不要 疑問なし

ゴロ合わせのポイント

① 似た名前の機関とごっちゃにしない

社会保険審議会:健保全体を見ており、重要事項を決定する機関です。

中央社会保険医療協議会:社会保険審議会で決まった方針などに則り実務を行う中核です。入院時食事(生活)療養費訪問看護療養費諮問などを行う。

ひっかけなどで問われやすいので気をつけましょう。

② 「誰」の「何」をするかにより違うことを明確に意識する

・機関も医師も拒否には拒否の議が必要(諮問ではない)
機関の登録には諮問が必要だが、医師の登録諮問も議も不要

それではまたお会いしましょう!庵谷でした!
皆様の応援が励みになります。応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

|

« 第10回 労働保険事務組合へ委託できない業務の範囲 | トップページ | 第12回 適用除外の主なもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1125464/25521495

この記事へのトラックバック一覧です: 第11回 保険医療機関等及び保険医等:

« 第10回 労働保険事務組合へ委託できない業務の範囲 | トップページ | 第12回 適用除外の主なもの »