« 第6回 移転費と広域求職活動費 | トップページ | 第8回 安全管理者、元方安全衛生管理者、店社安全衛生管理者の資格の主なもの »

2008年12月 8日 (月)

第7回 衛生管理者

第7回は、労働安全衛生法から 「衛生管理者」です。

「sharou007.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

衛生管理者

「ご都合いい?兄さん。ゴクミは異常に深夜苦手な先生。」

前半の「ご都合いい?兄さん。」
ご都合いい?兄さん「ご」=50人以上、「つ」=(ツー)=200人超え、「ごう」500人超え、「いい」1,000人超え、「兄(にい)」2,000人超え、「さん」3,000人超え
→これを上から下へ順に書いていき、番号を順に1、2、3と6までふっていくと、事業場の規模により、衛生管理者が何人必要かを表す表の完成です。

中盤の「ゴクミは異常に深夜苦手な」
ゴクミ異常に=「ごく」=常時500人えの労働者を使用し、かつ「み」=坑内労働等の有害業務に常時30人以上の場合に1人以上で専任が必要となります。
深夜苦手=有害業務には深夜業が含まれない

最後に「先生。」
先生1,000人超えで専任
→一般的な場合は、常時使用する労働者が1,000人超えの場合に専任が必要となるということ。


衛生管理者の概要

衛生管理者の概要をまとめると以下の表になります。ゴロ合わせと一緒に記載してありますので、一緒に覚えてしまいましょう。

事業規模
(一般)
衛生管理者数 ゴロ合わせ
50人以上 1人以上
200人超え 2人以上
500人超え 3人以上
1,000人超え 4人以上 いい
2,000人超え 5人以上 (にい)
3,000人超え 6人以上 さん
1,000人超え専任 先生

例外の場合 衛生管理者数 ゴロ合わせ
常時500えの労働者を使用かつ
坑内労働等の有害業務に常時
30以上
一般の場
合に準ず
ゴク
ミ異常
※有害業務に深夜業は含まれない 深夜苦手

ゴロ合わせのポイント

産業医との比較がよく問われます。産業医では専任という考え方がないですが、一般的企業は1,000人以上専属が必要となります。有害業務の場合は常時500人以上が従事している場合に専属となります。

産業医の場合は数字は同じでも「以上」であるところに注意ください。衛生管理者は「超え」ですので細かいところも覚えましょう。

また、産業医の場合は、有害業務に深夜業が含まれます。衛生管理者では含まれませんので細かいですが違いも覚えましょう。

それではまたお会いしましょう!庵谷でした!
皆様の応援が励みになります。応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

|

« 第6回 移転費と広域求職活動費 | トップページ | 第8回 安全管理者、元方安全衛生管理者、店社安全衛生管理者の資格の主なもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1125464/25239078

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回 衛生管理者:

« 第6回 移転費と広域求職活動費 | トップページ | 第8回 安全管理者、元方安全衛生管理者、店社安全衛生管理者の資格の主なもの »