« 第9回 二元適用事業 | トップページ | 第11回 保険医療機関等及び保険医等 »

2008年12月29日 (月)

第10回 労働保険事務組合へ委託できない業務の範囲

第10回は、労働保険料徴収法から 「労働保険事務組合へ委託できない業務の範囲」です。

「sharou010.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

労働保険事務組合へ委託できない業務の範囲

「痛くない?ここはロシアとインド?」

痛くない委託できない
用保険の保険給付に関する事務
用保険のニ事業に関する事務
シア=災保険給付に関する事務
別支給金に関する事務
インド=紙保険料に関する事務

労働保険事務組合へ委託できない業務の範囲の概要

①労働保険事務組合へ委託できない業務
以下の業務は労働保険事務組合へ委託できない。
・雇用保険の保険給付に関する事務
・雇用保険のニ事業に関する事務
・労災保険給付に関する事務
・特別支給金に関する事務
・印紙保険料に関する事務

②労働保険事務組合へ委託するメリット
以下の二つのメリットがあります。
・概算保険料は額により延納ができるが、労働保険事務組合へ事務委託していれば額の多寡によらず延納ができる
・委託事業主が労災保険の特別加入ができる

それではまたお会いしましょう!庵谷でした!
皆様の応援が励みになります。応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

|

« 第9回 二元適用事業 | トップページ | 第11回 保険医療機関等及び保険医等 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1125464/25243405

この記事へのトラックバック一覧です: 第10回 労働保険事務組合へ委託できない業務の範囲:

« 第9回 二元適用事業 | トップページ | 第11回 保険医療機関等及び保険医等 »