« 第4回 療養の給付の範囲 | トップページ | 第6回 移転費と広域求職活動費 »

2008年11月27日 (木)

第5回 適用除外の主なもの

社会保険労務士暗記研究会からのお知らせ①

秘伝!社労士試験暗記術第1巻(労働編)
秘伝!社労士試験暗記術第2巻(社会保険編)(ともに同友館)2010年4月15日発売!!

未発表ゴロ合わせや最近の試験傾向に対応したゴロ合わせ、
最新の過去問などが詰まって盛りだくさんです。


amazonでのステータスが「在庫あり」に戻りました。大変お待たせいたしました。

ちなみに、第1巻、第2巻を同時購入された方で、抽選で当選された方には、「秘伝!社労士暗記術」公開収録へご招待します。

応募方法はsharoushi.*nki@gmail.comの*部分をaに変えたメールアドレスまで
以下を記載しご応募下さい。

① 氏名(漢字と読み仮名)、ペンネーム(あればで結構です)
② 「秘伝!社労士暗記術」の感想

話すのが苦手な方でも、原稿はこちらで用意します。聞きやすく話すためのコツもお伝えしますので、安心してください。


約9万人のリスナーの方がいらっしゃいますから、自己アピールの場にもなります。

第2回の収録場所は、東京都渋谷近辺で行う予定です。
収録当日に上下巻をお持ち下さい。6月12日の11時頃~に行います。


社会保険労務士暗記研究会からのお知らせ②


秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第1巻〉
秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第2巻〉
(ともに同友館)
2010年2月18日に発売しました!!

上のリンクをクリックで購入できます。また、右サイドバーの「About」の画像クリックでamazonのサイトより購入することができます。

未発表ゴロ合わせや最近の試験傾向に対応したゴロ合わせ、
最新の過去問などが詰まって盛りだくさんです。
詳細は「秘伝!診断士暗記術」の公式ブログまで!

amazonでのステータスが「在庫あり」に戻りました。大変お待たせいたしました。
---

第5回は、雇用保険法から 「適用除外の主なもの」です。

「sharou005.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================


適用除外の主なもの

※(2010年5月29日追加)
昨今の厳しい雇用状況を考慮し、一般被保険者の適用範囲が拡大されました。これにより、適用除外についてのゴロ合わせが変更となりました。
音声の解説は以下のとおり、訂正となります。お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

「ヨウコの婿がくせえ。個人的に放火。
今年九州で富豪と船で一緒に20日帰省。警察間に合わず」

ヨウコ=(用・雇)=雇用保険

婿=(65)=65歳に達した日以後に雇用される者

がくせえ=学校教育法に規定される生又は徒で、厚生労働省令で定める者

個人的に=個人事業主
人の代表取締役(報酬を受け労働者の性格が強い場合は被保険者となることもあり)
火(か)査役

今年=「こと」=国・独立行政法人、「」=道府県等、「」=町村等
九州職者給付・職促進給付の内容を超える
富豪と=「」=承認要、「ごう」=生労働大臣、「」=道府県労働局長
→国の場合、承認不お要です。都道府県は厚生労働大臣の承認、市町村は都道府県労働局長の承認が必要となります。

員保険法に規定される船員で漁船に乗り込むため雇用される一定の者

一緒20日週間の定労働時間が20時間未満の者(雇労働者に該当する者除く)

帰省季節的に雇用される一定の者

警察間に合わず=同一の事業主の適用事業に続して31日以上雇用されることが見込まれない者(前2月の各月において18日以上同一の事業主の適用事業に雇用された者と日雇労働被保険者のいずれかに該当する者を除く


適用除外の主なものの概要とゴロ合わせのポイント

以下に雇用保険法適用外とされる者の主なものを挙げます。

① 65歳に達した日以後に雇用される者:ただし、以下の者は含まれません。
・同一事業主の適用事業に同日の前日から引き続いて65歳に達した日以後の日において雇用されている者
短期雇用特例被保険者
日雇労働被保険者

② 学校教育法に規定される学生又は生徒で、厚生労働省令で定める者

③ 個人事業主
④ 法人の代表取締役
⑤ 監査役

⑥ 国・独立行政法人、都道府県等、市町村等に雇用されるもののうち求職者給付・就職促進給付の内容を超えると認められる者
国・独立行政法人:承認不要、都道府県等:厚生労働大臣の承認必要、市町村等:都道府県労働局長の承認必要

⑦ 船員保険法に規定される船員で漁船に乗り込むため雇用される者(1年を通じて船員として適用事業に雇用される場合を除く)

⑧ 一週間の所定労働時間が20時間未満の者(日雇労働被保険者に該当する者を除く)

⑨ 季節的に雇用される一定の者

⑩ 同一の事業主の適用事業に継続して31日以上雇用されることが見込まれない者(前2月の各月において18日以上同一の事業主の適用事業に雇用された者と日雇労働被保険者のいずれかに該当する者を除く


このほかに、一定の条件によっては家事使用人、同居の親族なども適用除外者となります。

---
それではまたお会いしましょう!庵谷でした!
皆様の応援が励みになります。応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

|

« 第4回 療養の給付の範囲 | トップページ | 第6回 移転費と広域求職活動費 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1125464/25238330

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回 適用除外の主なもの:

« 第4回 療養の給付の範囲 | トップページ | 第6回 移転費と広域求職活動費 »